債務整理後のキャッシング

債務整理後のキャッシングは可能ですか?

債務整理後でも、諦めることはありません。

 

一般的に「5〜6年は無理!」と言われています。
しかし、この期間は絶対に融資を受けられないわけではありません!

 

なぜなら債務整理後であるという事が評価につながったり、
自分であれこれ悩んでいても審査をするのは担当者の方なんです。

 

審査が不安な方は、消費者金融系であれば可能性は十分にありますよ。
まずはトライしてみましょう!

当サイトがオススメする消費者金融会社ランキング <BEST3>

 

※ モビットの「10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。」

プロミスが当サイト申込件数1位! <選ばれる理由は>

即日融資(※1)で、ストレスなく利用できる!

 

プロミスは審査結果を最短30分、来店しなくても即日振込で融資してくれます。
キャッシングを利用するのに待たされる時間って更に余計な労力が必要ですよね。
また債務整理後で色々調べて、やっと申込みに至ったのに…そこからの時間が長いとストレスになります。

 

プロミスは三井住友銀行グループの金融会社SMBCコンシューマーファイナンスがやっていて安心面でもオススメできるし、借入額が50万円までなら収入証明書も一切不要です。更に30日間無利息サービス(※2)は、家計にも助かりますよね。

 

債務整理後という事で色々悩まれている方も、プロミスならスピーディーに答えてくれると思います。

 

今日中にお金をかりたいプロミスの即日融資・審査結果は公式ページへ!

 

※1 平日14時までにWEB契約完了で当日振込
※2 要プロミスポイントサービス申込み

過去に債務整理をしたことがあり、そのことが原因でキャッシングの申込みを躊躇(ちゅうちょ)しているケースがあります。ここでは、債務整理後にキャッシングをするときの注意点などについてご紹介します。<債務整理とキャッシングの関係について>債務整理は、基本的に「返済できなくなった借金」を「返済できる借金」に変えることです。金利や元金の一部を免除してもらい、残金を3年程度かけて返済する、任意整理や個人再生が一般的です。ここで、債務整理をするときに、弁護士や認定司法書士が介入しますが、ローン会社に介入通知が送られたときに、信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。そして、事故情報が登録されている間は、新規の借り入れが困難になりますので、債務整理後のキャッシングでは、信用情報の記録が残っているかどうかが重要になります。<債務整理後、一定期間は借入れ困難>では、債務整理後、どのくらいの期間、事故情報が残されるのか、について説明します。債務整理には、任意整理・個人再生・特定調停・自己破産の4種類があります。最も長く記録が残されるのは、自己破産で、通常7年程度は事故情報が残されるものと思われます。また、自己破産以外の任意整理・個人再生・特定調停をした場合は、5年程度、事故情報が残されると言われています。しかし、一定期間が経過し、事故情報が消去されて以降は、通常、何の問題もなくキャッシングができるようになります。<グループ企業以外の申込みがポイント>次に、債務整理後の借り入れで注意するべき点は、「同じ業者に申し込まないこと」です。大手のプロミスやレイク・アコムなどのキャッシングで債務整理をしたのであれば、債務整理後は、イオン銀行カードローン・オリックス銀行カードローンなどを選びます。債務整理は、返済できなくなった人を救済する制度ですが、同一業者から再びキャッシングするのは困難です。今まで利用したことがないキャッシングに申し込むようにしてください。